UNITED TECHNOLOGY CONCEPT TOPページ
採用情報 企業から個々の人間性を活かした環境づくり FAQ お問合せ 採用情報トップへ戻る

教育制度

社会人として、社員として、技術者として、様々な側面からの教育制度によって自立した社員としての土台作りと実務能力の向上を図っています。

人材開発体系(概要図)

入社前教育

学生から社会人へのスムーズなスタートができるよう、社会人としての基礎知識をはじめ生産部門をもつメーカーとしての生産部門の仕事の基礎について通信教育で学びます。

新入社員研修

集合研修

入社後1ヶ月間は集合研修を行います。
社会人、会社の一員としてのマナーから、安全衛生やコンプライアンス、会社の就業規則等の社内研修の他、客先や仕入先見学等の社外研修を経てミヤマ工業の社員としての基礎知識を習得します。
その後は各部署の部署研修を行い、それぞれの部署での業務内容を理解して配属の希望を聴取します。

OJT

新入社員の配属後、先輩社員についてOJTを中心に業務を覚え、実践的な知識とスキルの習得を図ります。

フォローアップセミナー

新入社員を対象に9月ごろから週に2回3ヶ月間、社内講師による基礎知識・各部門の教育を行い、早期戦力化及び定着を図ります。

役職別教育

昇進後の必須教育として、管理者として身につけていなければならない事項や管理者として求められる役割や基本的な能力を各役職ごとに通信教育を用いて学習します。
通信教育修了後には、フォロー研修として集合研修を行います。

資格免許取得

業務に必要な資格や免許は、配属(部署異動)後に全員取得し、業務の円滑を図ります。

自己啓発援助制度

社員の自己啓発による知識や技能を向上させる環境が整っています。 通信教育の受講や技能検定、ビジネスキャリア検定といった社外資格を各自の興味や能力に応じて自由に受講・受験することができます。 受講料・受験料の負担の他、検定試験合格者には褒章金もあります。


主な資格取得者数  (2016年4月現在)

資格名称 取得者数
動力プレス機械特定自主検査者 2名
技能検定 機械検査作業(特級) 1名
技能検定 機械検査作業(1級) 5名
技能検定 機械検査作業(2級) 41名
技能検定 金属プレス作業(1級) 2名
技能検定 金属プレス作業(2級) 10名
プレス機械作業主任者 48名
玉掛技能講習・クレーン運転特別教育 78名
フォークリフト運転技能講習 65名
ガス溶接技能講習 32名
アーク溶接特別教育 35名
自由研削砥石特別教育 19名
第二種電気工事士 4名
PAGE TOP
Copyright